メインコンテンツまでスキップ

 

 

Coupa Japanese

クイックガイド:データ処理契約

このページは機械翻訳を使用して翻訳されています。


Coupa DPA申請フォーム

あなたが新規または更新DPAを必要としているCoupaの既存のお客様の場合、使用してください[1]Coupa GDPRチームから特定のデータ処理協定(DPA)を要求するためにこのフォームを。

背景

規制(EU)2016/679(「GDPR」)の施行に伴い、データ保護のランドスケープと法令順守の要件に多くの変更が生じました。それらのうちの2つは、(1)書面による特定のデータ処理契約の要件と、(2)データ処理者の直接の責任と義務です。

したがって、処理者(Coupa)と管理者(あなた)の両方が、GDPR第28条の要件に完全に準拠するデータ処理契約(「DPA」)を締結することについて共同の利害関係を有します。Coupaでは、コンプライアンスに準拠したシームレスな方法でタスクを実行する準備が整いました。

このクイックガイドでは、Coupa DPAの概要とテンプレートをプッシュする合理性について説明します。このようなDPAの具体的な詳細は、顧客の個々のサブスクリプションの範囲と構成によって異なることに注意してください。このクイックガイドは変更される場合があります。

Coupa DPA

Coupa DPAはGDPRに完全に準拠しているだけでなく、すでにCoupaの製品に合わせて調整されています。私たちは、社外の法務アドバイザーの支援を得て、Coupa DPAテンプレートのドラフトを作成し、Coupaプラットフォームの変更に合わせて最新の状態に保ちます。一般原則として、契約テンプレートを定期的にレビューし、条件を更新する際にベストプラクティスと顧客フィードバックを取り入れます。

  • 一方、 顧客テンプレートは必ず一般的なもので あり、したがって、完全ですぐに使用できるDPAに必要なソリューション固有の詳細がありません。顧客のDPAテンプレートは不完全であり、重要な修正がないと署名できません。

  • 一方、Coupaは、顧客インスタンスに固有ではなく 、プラットフォームレベルで統一されたITセキュリティポリシーを運用しています。顧客固有のITセキュリティポリシーを設定すると、ほとんどの顧客DPAテンプレートで提案されているように、そのようなインスタンスだけでは、マルチテナントクラウド環境では計算できません。

  • 最後に重要なことですが、私たちのお客様は、 1対1 /すべての運用 アプローチのメリットを享受できます。これは、ITポリシーのあらゆる改善をすべてのお客様が利用できることも意味します。

GDPRに準拠したDPAを開始いたします。また、GDPRに準拠した契約を迅速かつ効率的に取得する場合は、Coupa DPAテンプレートから開始する必要があります。

  • この記事は役に立ちましたか?