メインコンテンツまでスキップ

 

 

Coupa Japanese

契約コラボレーションメッセージの使用方法

CCC メッセージ機能を使用すると、ユーザーは関連するすべての関係者とCCC内で直接連絡することで、契約上のコミュニケーションをスピードアップすることができます。この機能により、契約に関するすべてのコミュニケーションがCCCに保存されるため、メールまたはボイスメールで失われることがありません。

CCCでメッセージを送信するたびに、メッセージの詳細および関連する契約を含むメールの受信も開始します。

対象のユーザーのみにメッセージが表示されるようにするため、組織に属していないユーザーのみが表示できるメッセージは、契約を確認するよう招待された後に、契約に関して 直接送信されたメッセージ、または 全員に送信されたメッセージです。たとえば、契約に関するすべての関係者にメッセージを送信することは、メッセージが送信された時点で契約の関係者であったユーザーのみが閲覧できることを意味します。

CCCでメッセージ機能の使用

メッセージを作成するか、契約の既存のメッセージを表示するには、契約を表示しているときに右側のツールバーにある[メッセージ]ボタンをクリックします。

「メッセージ」という文字の右側の数字は、この契約について表示する権限があるメッセージの数です。

メッセージの表示と送信

メッセージ機能を開くと、[メッセージ]ウィンドウの左側のタブに送信済みのメッセージが表示され、契約に招待された全員、組織の全員、または特定のユーザーのみ([+メッセージ])への新規メッセージを作成することができます。以下の例では、当社はSan Mateo Documentation Ltdという名前になっています。

メッセージのタイプ

メッセージボックスの左側のセクションを使用して、メッセージの送信先を選択します。また、この契約で別のグループに送信されたメッセージの数も表示されます。

  • 全員にメッセージを送信: メッセージが送信された時点でこの契約を表示できるすべての関係者がメッセージを確認できます。
    • これを行うには、[全員]をクリックし、テキストボックスにメッセージを入力します。
    • [投稿]をクリックすると、メッセージが送信されます。
  • 組織内の全員へのメッセージ: 組織の名前をクリックして、この契約に招待された組織内の全員にメッセージを送信します。この契約を表示できる組織のユーザーは、このメッセージを確認できます。
  • 特定のユーザーにメッセージを送信([+メッセージ]): 1人または複数の特定の個人に直接メッセージの送信を選択することもできます。
    • これを行うには、[+メッセージ]をクリックし、メッセージの送信先の名前を選択します。同じ操作を繰り返して、このメッセージに他のユーザーを追加することができます。契約に招待されたユーザーにのみメッセージを直接送信できることに注意してください。
    • これらのメッセージは、メッセージの送信先のユーザーのみが表示できます。CCCの管理ユーザーは、メッセージの送信先ユーザーのリストに含まれている場合にのみ、これらのメッセージを確認できます。

メッセージへの返信

メッセージへの返信は、メッセージの作成と同じワークフローに従います。唯一の違いは、[残すメッセージを入力]というボックスの下に返信の対象のメッセージが確認できることです。

  • この記事は役に立ちましたか?