メインコンテンツまでスキップ

 

 

Coupa Japanese

契約コラボレーションに署名する方法

CCCで契約書に署名することは、紙での署名と同じくらい簡単です。

CCCで契約に署名する手順

契約コラボレーションの電子署名は、手書きでの契約の署名に相当します。多くの場合、「簡易電子署名」と呼ばれます。

権限がある場合は、アクセス可能なあらゆる暫定契約に署名できます。

  1. 契約を表示します

  2. 契約書の右上隅にある[署名]ボタンをクリックします

  3. 署名オプションを選択します
    [入力による]署名オプションを選択して署名を入力するか、[マウスを使用]署名オプションを選択して署名を描画します


  4. 誰の代理で署名しているか確認します

    • 契約を作成していなくても別の会社のユーザーから署名するよう招待された場合は、本来の署名者である組織名を更新するオプションが表示される場合があります。本来の署名者が「私自身」の場合は組織名は不要です。調達ユースケースでは、(組織ではなく)自分自身の代理で署名することはまれです。
  5. [署名]ボックスに氏名を入力するか、マウスで署名を描画します

  6. [署名]をクリックします

    • この電子署名は自動的に契約に追加されます。
    • 電子署名には、自分自身、代理署名した本人、および署名した日付についての情報が含まれます。以下の例では、EllieがSprint Energy Systems Inc.という組織の代理で署名しました。

間違って署名した場合はどうなりますか?

誤って署名した場合、または契約に編集が必要な場合は、すべての関係者の署名が完了する時点まで契約を再開することができます。すべての関係者が契約に署名するとロックされ、再開できなくなります。

署名した後の動作

契約に署名すると、関連するすべての関係者にメールで通知されます。

すべての関係者が署名した後の動作

必要なすべての関係者が契約に署名すると、自動的に契約は[完了]に設定されます。契約のすべての関係者には、署名者のデジタル署名を含む完成した契約のPDFファイルがメールで送信されます。

契約がすべての関係者によって署名されて完了すると、再開できなくなります。

あなたとサプライヤーの両方が署名しても契約が完了に設定されない場合は、他の関係者が誤って署名に招待されていないか確認してください。

完成した契約のPDFファイルがCoupa契約の[契約書]セクションにアップロードされ、Coupa契約を公開できるようになり、ユーザーが契約に対して支出できるようになります。

文書がCCCで契約を完了する前にCoupa契約の[契約書]にアップロードされていた場合、CCCからの契約のPDFファイルによって上書きされます。

  • この記事は役に立ちましたか?