メインコンテンツまでスキップ

 

 

Coupa Japanese

cXML発注書のためのサプライヤーの設定

サプライヤーがcXML経由で発注書を受信できるように設定するには、Coupaでレコードを編集する必要があります。

  1. [サプライヤー]タブに移動して、変更するサプライヤーを検索します。

  2. [アクション]列で、[編集]アイコン()をクリックします。

  3. [PO送信]セクションの[発注方法]で、[cXML]を選択します。

    [PO送信]セクションのいくつかのフィールドが必須になります。

  4. PO URL – サプライヤーから提供されます。実装プロセス中に、サプライヤーはテストと本番のURLと認証情報を提供します。多くの場合、POとパンチアウトの認証情報は同じです。

  5. 当社ドメイン – サプライヤーが提供する顧客ドメイン。最も一般的なドメインは、DUNSとNetworkIDです。

  6. 当社ID – サプライヤーが提供する顧客ID。

  7. サプライヤードメイン – サプライヤーから提供されます。最も一般的なドメインは、DUNSNetworkIDです。

  8. サプライヤーID – サプライヤーから提供されます

  9. 共有シークレット – サプライヤーから提供されます

  10. プロトコルをcXMLに設定します。

  11. 完了したらサプライヤーレコードの一番下までスクロールして[保存]をクリックします 。

  • この記事は役に立ちましたか?