メインコンテンツまでスキップ

 

 

Coupa Japanese

Coupaサプライヤーポータルの2要素認証

CSPはGoogle認証システムを利用しておりiOSおよびAndroidデバイスで使用できます。2要素認証を有効にする場合は、モバイルデバイスにインストールする必要があります。モバイルデバイスへのアプリのインストールについては、「Google認証システムのインストール」を参照してください。

認証システムの代わりに、SMSを使用して認証コードを受け取ることもできます。

2要素認証の有効化

顧客は、CSPにログインしてデータにアクセスするために2要素認証を使用するように要求することができ、その場合は有効にする必要があります。

2要素認証を有効にする前に、モバイルデバイスがあることを確認してください。

  1. https://supplier.coupahost.comでCoupa Supplier Portalアカウントにサインインします。

  2. 右上の名前から[アカウント設定]をクリックします。

  3. 左側のメニュータブで、[セキュリティと2要素認証]をクリックします。
    csp6_myaccount_2fa.png

  4. 電話番号を入力して検証し、SMSを介してSMS通知または認証コードを受信します。

  5. 認証コードの受信方法に応じて、2要素認証の下にあるSMSまたは2要素認証アプリ[有効化]クリックします。

  6. SMSの場合は、ポップアップウィンドウに認証コードを入力します。

    csp_phonenumber_validation.png

  7. 認証アプリのインストールと使用については、画面の指示に従ってください。

    共有または公共のコンピューターを使用していない場合は、[このコンピューターを30日間記憶する]を選択し、[有効化]をクリックします。

    [OK]をクリックする前に、バックアップコードを印刷するか、自分宛てにメールで送信してください。デバイスを紛失した場合、CSPアカウントへのアクセスの回復にはこれらのコードが必要です。

回復コードは1回しか使用できないため、回復コードを使用する必要がある場合は、リストを更新することをお勧めします。コードの新しいリストを取得するには、[アカウント設定] > [セキュリティと2要素認証]に移動し、[回復コードを再生成]をクリックします。

2要素認証を有効または無効にすると、変更のメール通知が届きます。

詳細については、「顧客が強制するCSPでの2要素認証」を参照してください。

2要素認証によるCoupa Supplier Portalへのサインイン

  1. https://supplier.coupahost.comにアクセスし、通常どおり認証情報を入力します。
    [2要素認証]ウィンドウが開きます。

  2. 設定に応じて、デバイスでGoogle認証システムを開き、CSPアカウントを選択します。表示されている番号を取得します。または、認証コードを含む、新しく受信したテキストメッセージを開きます。

  3. 2要素認証コードを適切なフィールドに入力します。共有または公共のコンピューターを使用していない場合は、認証システムで[このコンピューターを30日間記憶する]を選択し、[ログイン]をクリックします。

    Google認証システムが提供するコードは60秒間のみ有効です。60秒以内にCSPサインインページにそのコードを入力して[ログイン]をクリックしない場合は、新しいコードを取得して再試行する必要があります。

    サプライヤーがロックアウトされ、6桁のバックアップ検証コードがない場合は、Coupaサポートに連絡してください。担当者は、サプライヤーの申告フォーム、および、サプライヤーがCSPへのログインに使用するメールアドレスまたはID確認用の写真付きIDもしくはパスポートのコピーのいずれかを提供するようあなたに依頼します。

  • この記事は役に立ちましたか?