メインコンテンツまでスキップ

 

 

Coupa Japanese

カスタムフィールドを使用してCoupaフォームを独自のものにする

このページは機械翻訳を使用して翻訳されています。


Coupaが貴社のビジネスにどのように作用するかご興味がありますか?カスタムフィールドを使用すると、任意のCoupaオブジェクトに追加のフィールドを設定すると同時に、選択可能な合計12種類のフィールドをサポートできます。

一般的なカスタムフィールドの使用例は次のとおりです。

  • テキストフィールドを使用して、あらゆるオブジェクトのあらゆる種類の自由形式のテキスト情報をキャプチャします。
  • さまざまな種類の詳細が必要なオブジェクトに 添付ファイルを追加します。
  • 検索から多くのオプションの1つを選択します。

一般的なシナリオは、申請書行にプロジェクトコードを含めることです。プロジェクトコードはCoupaのルックアップに読み込まれるか、頻繁に変更される場合は統合を作成します。ユーザーが請求品目のプロジェクトコードを選択すると、その値はデフォルトでPOおよび請求書品目に設定されます。顧客はサプライヤーにこの情報を公開したくない場合が多いので、POのサプライヤービューでフィールドが非表示のままになるように設定します。

検索の設定の詳細については 、検索を使用して操作性とデータの精度を向上させるをご覧ください。

カスタムフィールドが申請書、PO、および請求書に追加されると、承認チェーンで使用できるようになります。

カスタムフィールドを作成する

カスタムフィールドを開始するにはいくつかのステップがあります:

  1. [設定]>[会社設定]>[カスタムフィールド]から、カスタムフィールドを追加するオブジェクトまたはCoupaの一部(申請書、アイテム、サプライヤー...)を選択します。
  2. Coupaでは、選択したオブジェクトに関連付けられた現在のフィールドをすべて読み込み、必要に応じてそれらをさまざまなカテゴリーに整理します。これには、現在のカスタムフィールドと、場合によっては標準フィールドが含まれます。背景が黄色なので、カスタムフィールドが目立ちます。
  3. 追加するカスタムフィールドのタイプをクリックして、画面の右側から左側の適切な場所にドラッグします。新しいカスタムフィールドを、黄色の枠で囲まれたセクションにドラッグできます。セクションには、[カスタムフィールドをここにドラッグ]というラベルの付いたフィールドが表示されます。
  4. カスタムフィールド情報を入力します。
  5. 設定を確認し、[完了]をクリックします。

とても簡単です。オブジェクトをチェックすると、カスタムフィールドが表示されます。ただし、先に進みすぎないでください。いくつかの重要な点に注意してください。

  • カスタムフィールドの追加は簡単ですが、既存の統合があるフィールドへの追加には注意が必要です。ユーザーレコードに新しい必須フィールドを追加すると、人事システムからの既存の統合が無効になる可能性があります。
  • 大きな力には大きな責任が伴います。カスタムフィールドを使用すると、エンドユーザーからより多くの詳細を簡単に取得できますが、申請書行に必要な新規必須フィールドが多すぎないようにしてください。また、意味のある名前とヒントを入力すると、エンドユーザーは引き続きCoupaを快適に利用できます。
  • カスタムフィールドのデフォルトを使用している場合は、それらが正しく設定されていることを確認してください。これを機能させるには、カスタムフィールド設定 の保存とコピー… および デフォルトから を使用できます。詳細が必要な場合は、Coupaオンラインヘルプを確認してください。

あなたが見るものは好きですか?他の人の考えを知りたいですか?

Coupaコミュニティ でこのカスタムフィールドに関連する興味深いディスカッションに参加して、カスタムフィールドとこれまでに対処した使用例についてのあなたの考えを共有してください。

  • この記事は役に立ちましたか?