メインコンテンツまでスキップ

 

 

Coupa Japanese

ログインをスキップ:サプライヤーの取引をメールで

このページは機械翻訳を使用して翻訳されています。


Coupaでは、顧客がサプライヤーを簡単に有効化し、協力できるようにするための新しい革新的な機能に常に取り組んでいます。Coupa R12では、サプライヤーアクション可能通知(SAN)と呼ばれる特許申請中の機能を導入しました。ほとんどの組織では、サプライヤーベースの大部分は、おそらく年に数回しか請求しない小規模なサプライヤーです。ROIは、これらのサプライヤーがCXML統合または自動化に投資することを正当化しません。SANを使用すると、 一部 のサプライヤーではなく、すべてのサプライヤーが電子請求書発行イニシアチブに参加できます。

スムーズなサプライヤーの実現を目指して、メールが依然として最も一般的なコミュニケーション方法であることを理解しています。多くの場合、中小企業がしたい最後のことは、すべての企業のために別のことを覚えておいて、率直に言って、中小企業が自動化して通信する唯一の方法かもしれません。また、これらのサプライヤーは、ログインパスワードが必要な独自のポータルソリューションを提供しているさまざまな顧客やベンダーと協力している場合があります。

そのため、サプライヤーアクション可能通知を使用すると、発注書をサプライヤーにメールで送信して、サプライヤーがそのメールから作業して請求書を作成したり、ポータルに登録またはログインしなくてもPOにコメントを入力したりできます。必要なのはサプライヤーのメールアドレスだけです!

仕組み

サプライヤーの設定

  1. [設定]> [サプライヤー ]に移動し、有効にするサプライヤーの [編集]アイコンをクリックします。
  2. [ PO送信]で、サプライヤーに有効なメールアドレスが設定されていること、およびすべてのサプライヤーがPOメールを受信するように設定されていることを確認します(メールまたはプロンプト)。
  3. Coupa Supplier Networkで、[請求書を作成] が選択されていることを確認します。
  4. 選択したら[保存]をクリックします。

COAでのSANの有効化

  1. [設定]> [財務設定]> [POのカスタマイズ]に 移動し、目的のCOAを選択します。
  2. [POレイアウト]で[サプライヤーのアクション可能な通知を有効にする]を選択します。

サプライヤーアクション可能通知

サプライヤーのアクション可能な通知の送信は、他の電子メールPOの送信と同様です。請求書を作成して提出します。要求が承認されると、PO通知が送信されます

あなたが見るものは好きですか?他の人の考えを知りたいですか?

Coupaコミュニティの ディスカッションに参加して、サプライヤーのアクション可能性に関するご意見をお聞かせください

  • この記事は役に立ちましたか?