メインコンテンツまでスキップ

 

 

Coupa Japanese

ルックアップで使いやすさとデータ精度を向上

このページは機械翻訳を使用して翻訳されています。


Coupaが貴社のビジネスにどのように機能するか、それをさらに活用したいですか?既存のオブジェクトに検索タイプのカスタムフィールドを設定することで、ユーザーが請求書、サプライヤーレコード、発注書、請求書などに使用する検索(リスト)の統合を設定できます。

 

では、ルックアップとは何で、どのように正確に機能するのでしょうか。

ルックアップはリストです。インテグレーションを介して設定する必要はありませんが、それは可能です。Coupaでは、これらのリストは2つの部分で構成されています:

  • 検索
  • 検索値

検索はリスト名または見出しを参照します。これは 、統合するプロジェクトコード またはその他のタイプのリストにすることができます。検索値は、リスト内から選択できる実際のリストオプションです。したがって、プロジェクトコードのリストを設定している場合は、次の種類の設定を使用します。

  • ルックアップ:プロジェクトコード
  • 検索値
    • 0001-2201(プロジェクトコード1)
    • 0001-2202(プロジェクトコード2)

ルックアップの作成

新しい検索を作成するには、 [設定]> [会社設定]> [検索]に移動します。現在の検索は無効にできますが、削除はできません。

固定深度 レベル番号の名前の 設定は参照用です。階層を持つルックアップリストを設定する予定で、異なるレベルとその名前を参照する場所が必要な場合は、これらを使用できます。 

ルックアップを作成したので、ルックアップ値を追加します。[設定]> [会社設定]> [検索値]に移動します。短いリストの場合は、1つずつ追加できます。 それ以外の場合は、ファイルから読み込みオプションを使用することをお勧めします。 これを行う方法の詳細が必要な場合は、Coupaのオンラインヘルプを確認してください。

ヒント

  1. ルックアップ値をまだ設定していない場合は、最初にユーザーインターフェースから手動でルックアップ値を作成します。次に、[ファイルから読み込み]> [現在のリスト をダウンロード]をクリックして、Coupaがルックアップ値に必要な形式を確認します。
  2. 外部参照コードは、親子関係の設定に使用されます。そのため、フラットリストを作成している場合は無視できますが、子値を持つすべての値に対してそれらの値を作成する必要があります。
  • この記事は役に立ちましたか?