メインコンテンツまでスキップ

 

 

Coupa Japanese

サプライヤー有効化メトリック

このページは機械翻訳を使用して翻訳されています。


概要

ウェビナーでは、取引を管理しCoupaでデータを使うためにTire Centersが実施しているメトリック主導のアプローチについて説明しました。データは、どのサプライヤーや商品に次に焦点を当てるべきかを決定するための可視性と分析を提供します。サプライヤーが適時に支払を受けるように調達から支払までのプロセスを移動するのにも役立つ可視性。

以下のカスタムレポートを含む、いくつかのレポートをウェビナーで紹介しました。このデータ共有により、ビジネスで成功し、成功するために必要な利点が得られることを願っています。タイヤセンターでデービッド・シンボルスキーに感謝します。

FAQ

Q.レポートのスケジュールを設定するにはどうすればよいですか?

A.すべてのユーザーは、Coupaで表示できるレポートの自動メールをスケジュールできます。スケジュール設定は簡単です。詳細については、レポートスケジュールを参照してください。

  1. [設定]> [レポート]に移動してレポートを表示するか、[注文]などの上部のタブをクリックします。
  2. [表示]で、スケジュールするレポートを選択します。以下の例を参照してください。
  3. レポートの右側にある時計をクリックします。これにより、頻度などのスケジュールの詳細を入力するためのポップアップウィンドウが表示されます。
  4. スケジュールの詳細を入力し、完了したら[保存]をクリックします。

Q.カスタムビューのカスタムレポートを作成するにはどうすればよいですか。

A.既存のレポートを活用しますか、それとも新しいレポートを作成しますか?

  1. 既存のレポートを活用するには、レポートを選択し、レポートの右側にある鉛筆の記号をクリックします。
    • 名前を編集して、既存のレポートを編集せずに新しいレポートを作成します。
    • 条件を追加します。レポートに必要なフィールドを右にドラッグします。
    • 完了したら、[新規として保存]をクリックします。
    • おめでとうございます。完了です。
  2. 新しいレポートを作成するには、[表示]で、表示できるレポートの下部にある[ビューの作成]を選択します。名前を付けます。
  • 条件を作成します。
  • フィールドを右にドラッグアンドドロップします。
  • 選択したら[保存]をクリックします。
  • おめでとうございます。完了です。

指標1:注文>発注書品目

説明:このレポートは、コスト削減に貢献したすべての注文をキャプチャします。

  • 名前:2015年の項目別節約額(タイヤセンターのカスタムレポート)
  • 条件:
    • 節減(%)が空白ではありません
    • 間のデータの注文<date>と
    • 注文ステータスは[キャンセル済み]を除くすべてのオプションです
  • 選択された列は次のとおりです。
    • PO番号
    • 品目
    • 注文日
    • 商品
    • 勘定科目
    • サプライヤー
    • 数量
    • 品目合計
    • 節減(%)
    • アイテム

指標2:請求書>請求書品目

説明:3方向の請求が有効になっています。サプライヤーから有効なインボイスを受け取りましたが、ユーザーが受領データを入力していないため、まだ支払うことができません。ユーザーにこれを送信して、受領を入力するように通知します。

  • 名前:*完了済みPOで保留中の請求書
  • 条件:
  • POステータスは「終了」です
  • ヘッダーのステータスは「受領待ち」です
  • 選択された列は次のとおりです。
    • アクション
    • サプライヤー
    • 発注書
    • 発注書の注文日
    • 発注書のステータス
    • 請求書番号
    • 品目番号
    • 請求日
    • 最終更新日
    • 最終更新者
    • ヘッダーのステータス
    • 説明
    • 合計
    • 理由を見る

*ヒント:UIをコピーして貼り付け、ユーザーにメールで送信すると、ユーザーはPOと請求書#のハイパーリンクをクリックできます。

 

  • この記事は役に立ちましたか?