メインコンテンツまでスキップ

 

 

Coupa Japanese

Coupa認定モデル

このページは機械翻訳を使用して翻訳されています。


購入支払プロセスの統合

次の図は、標準のP2Pプロセスフローと、サードパーティシステムとの単純なP2P統合を示しています。

CoupaのP2P +経費および経費支払統合モデルには、以下が含まれます。

  • ERPからCoupaまでの勘定科目表(CoA)の会計要素(「1」とマークされている)
  • ERPからCoupaへのサプライヤー(「1」とマークされている)
  • HRシステムからCoupaへのCoupaマスターデータ統合(「1」とマークされている)のユーザー
  • CoupaからERPへの請求書統合承認済み承認済み(「4」とマークされています)
  • ERPからCoupaへの支払情報トランザクションデータ(” 5”としてマーク)

パートナーのERP P2Pコネクタ製品は、これらのオブジェクトについて認定する必要があります。

P2PプロセスにはCoupa Supplier Network(CSN)との統合が含まれ、サプライヤーとのPOと請求書の統合を構成できます(「2」、「3」、「4」、「6」とマークされています)。コネクタはこれらの統合ポイントを提供する必要はありません。

購入して支払+経費プロセスの統合

Coupa P2P +経費および経費支払統合モデルには、以下が含まれます。

  • ERPからCoupaまでの勘定科目表(CoA)の会計要素(「1」とマークされている)
  • ERPからCoupaへのサプライヤー(「1」とマークされている)
  • HRシステムからCoupaへのCoupaマスターデータ統合(「1」とマークされている)のユーザー
  • CoupaからERPへの請求書統合承認済み承認済み(「4」とマークされています)
  • ERPからCoupaへの支払情報トランザクションデータ(” 5”としてマーク)
  • CoupaからERPへの経費(レポート)取引データ統合(「9」とマーク)
  • ERPからCoupaへの経費支払取引データ(「10」とマーク)

パートナーのERP P2P + Expense Connector製品は、これらのオブジェクトで認定されている必要があります。

P2Pプロセスには、 Coupa Supplier Portal (CSP)とのそのままの統合が必要です。サプライヤーとの/からのPOおよびインボイスの統合を設定できます(「2」、「3」、「4」、「6」とマークされています)。コネクタはこれらの統合ポイントを提供する必要はありません。

支払への購入+経費+発注書、入庫、予算プロセス統合

次の図は、標準のP2P +経費+発注書、入庫、予算のプロセスフローと、サードパーティシステムとの統合を示しています。

Coupa P2P +経費+ PO / GR /予算統合モデルには、以下が含まれます。

  • ERPからCoupaまでの勘定科目表(CoA)の会計要素(「1」とマークされている)
  • ERPからCoupaへのサプライヤー(「1」とマークされている)
  • HRシステムからCoupaへのCoupaマスターデータ統合(「1」とマークされている)のユーザー
  • CoupaからERPへの請求書統合承認済み承認済み(「4」とマークされています)
  • ERPからCoupaへの支払情報トランザクションデータ(” 5”としてマーク)
  • CoupaからERPへの発注書のトランザクションデータ統合(「7」とマークされています)
  • CoupaからERPへの入庫取引データ統合(「8」とマーク)
  • CoupaからERPへの経費(レポート)取引データ統合(「9」とマーク)
  • ERPからCoupaへの経費支払取引データ(「10」とマーク)
  • ERPからCoupaへの予算データ(「11」とマークされている)

パートナーのERP P2P +経費+ PO / GR /予算コネクタ製品は、これらのオブジェクトについて認定する必要があります。

P2Pプロセスには、 Coupa Supplier Portal (CSP)とのそのままの統合が必要です。サプライヤーとの/からのPOおよびインボイスの統合を設定できます(「2」、「3」、「4」、「6」とマークされています)。コネクタはこれらの統合ポイントを提供する必要はありません。

 

  • この記事は役に立ちましたか?