メインコンテンツまでスキップ

 

 

Coupa Japanese

ステップ3:法人カードの設定

このページは機械翻訳を使用して翻訳されています。


Coupa実装マネージャーまたはTAMによって法人クレジットカードフィードが設定されたら、法人クレジットカード設定を構成する必要があります。

法人カードの統合によって作成された項目は削除できません。項目を削除する必要がある場合は、Coupa実装マネージャーまたはTAMにお問い合わせください。

ステップ1:一般法人クレジットカード設定を構成する

  1. Coupaに管理者としてサインインし、 [設定]> [経費ツール]> [法人カード設定]に移動します。

  1. ユーザーが法人カードの項目を変更できないようにするフィールドについては、[ 読み取り専用] をチェックします。通常の経費品目のこれらのフィールドは編集可能なままです。ベストプラクティスとして、金額、通貨、日付を読み取り専用に設定します。貴社の法人カードプロバイダーはこのデータの真実の源であり、ユーザーは編集できません。これらの設定は、すべての法人カード統合にわたってグローバルです。 

ステップ2:法人カードのリマインダー通知を設定する

  1. [設定]>[経費ツール]>[法人カード設定]>[法人カード請求サイクル締日]に移動します 。
  2. 各インテグレーションの[法人カード請求サイクル締日]を指定します。これは、請求サイクルの支払日ではなく、毎月の請求サイクルでカウントされるトランザクションの最終日です。 
  3. 保存]をクリックします。
  4. 通知リマインダー]で、すべてのインテグレーションの[リマインダー期間]を指定します。これは、エンドユーザーが法人カードの経費レポートを完了して提出する必要がある、最後のサイクル取引日から数えた日数(1〜31)です。 
  5. 次に、期限切れの法人カード経費レポートの通知をエンドユーザーのマネージャー(送信者のユーザーレコードにおける次の承認者)に送信するかどうかを指定します。
  6. 保存]をクリックします。設定が完了すると、期限が過ぎた未提出の法人カードレポートごとに、毎日のタスクリマインダー通知がユーザーに送信されます。 
  7. 法人カードのリマインダー通知は法人カード統合ごとに設定されます。

手順3:ユーザー設定を構成する

プロバイダーによってCoupaに配信されるファイルは、クレジットカード取引の単なるリストです。各取引には、口座番号や従業員IDなどの特定の情報があります。その番号をCoupa内の特定のユーザーにマッピングする必要があります。ユーザーは、複数の法人カード統合で1つまたは複数のカードにマッピングできます。 

 

インポートされた経費レポートは、ファイル内の取引とユーザーマッピングに一致がない場合、デフォルトユーザーに割り当てられます。デフォルトユーザーは法人カード取引のキャッチオールであり、ベストプラクティスとして常にアクティブなユーザーによって入力されました。 

アップロード後、Coupaが対応するユーザーマッピングを見つけられない場合、経費品目がデフォルトユーザーのプロファイルに追加されます。既定のユーザーは、レポートを正しいユーザーに再割り当てすることができます。 

これは通常、管理者または経理担当者の一種であり、会計に含まれない項目を追跡できます。既定のユーザーは、法人カード統合ごとに構成されます。

  1. [設定]> [経費ツール]> [法人カード設定]> [ユーザー]> [ユーザーマッピング]に移動します
  2. 個別のユーザーごとにマッピングを作成するには、[作成]をクリックし、次のガイドラインに従ってマップを 作成します。

    方法

    Description

    法人カードのインテグレーション名 ユーザーがマップする法人カード統合を選択します。 

    勘定科目のタイプ

    [アカウントの種類]ドロップダウンからタイプとして [従業員ID]を選択します。

    注:一括読み込みの場合、このフィールドはEMPLOYEE_IDである必要があります

    口座番号

    ファイルに表示されているとおりに従業員IDを入力します。

    これを一括読み込みする必要があります。

     

    メール

    対応するCoupaユーザー。ユーザーのメールアドレスを使用して既存のCoupaユーザーリストから取得するオートコンプリートフィールド。

  3. 一括でユーザー情報をアップロードするには、参照のは、一括アップロードの詳細についてはCoupaテーブルの管理。 

ステップ4:カテゴリ設定を構成する

ユーザーマッピングと同様に、ファイル内の各トランザクションには対応するカテゴリコードがあります。既定のカテゴリは既定のユーザーと同じように機能します。ただし、一部の顧客はこれを空白のままにしたいので、ユーザーは出費して経費を分類する必要があり、他の顧客はすべてのカテゴリーをキャッチします。

ファイルインポーターが指定されたコードにマッピングされたカテゴリーを見つけられない場合、経費品目はデフォルトカテゴリーで埋められます。デフォルトなしで設定するには、空白のままにします。これは、すべての法人カード統合にわたるグローバル設定です。 

法人カード取引は、そのMCCまたはSICコードに基づいて自動的に経費カテゴリに割り当てることができます。現在、これらのマッピングは、法人カードの統合ごとに個別に設定できます。これは、支出タイプに基づくカードプログラムをお持ちで、カテゴリーを使用してエンドユーザー向けに異なるGLコードをデフォルト設定する可能性がある顧客にとって特に強力です。 

  1. 設定 > 経費ツール > 法人カードの設定 > カテゴリー > カテゴリーマッピングに移動する
  2. 個別のカテゴリ別にマッピングを作成するには、[作成]をクリックし、次のガイドラインに従ってマップを 作成します。

    方法

    Description

    法人カードのインテグレーション名 カテゴリーがマップする法人カード統合を選択します。

    業種コードタイプ

    ベンダーはこれらのコードの下で提出しなければならないので、それらは必ずしも非常に良いわけではありません。顧客はアップロードする独自のコードを持っている必要があります。

    業種コード

    SIC-Amex

    • 航空運賃– 4512
    • 宿泊-7011
    • レンタカー– 7514

    MCC-MasterCard&Visa

    • 3000-3299航空
    • 3351-3441レンタカー
    • 3501-3790ホテル、モーテル、旅館、リゾート

    名前

    Coupaの対応する経費カテゴリ。

    CoupaはMCC値を可能な範囲の最初の数値にマッピングします(例えば、ソースファイルのMCC値3420は3331として解析されます)。

  3. 一括でユーザー情報をアップロードするには、参照のは、一括アップロードの詳細についてはCoupaテーブルの管理。

手順5:詳細設定

詳細設定では、基本的に法人クレジットカードの経費と無視したい取引をグループ化する方法を提供します。たとえば、VISA法人カード取引にクレジット調整を表示することに関心がない場合があります。  

  1. ビル・日によってG 競売法人カードの費用が有効になっているかどうかを選択します。
  2. [設定]> [経費ツール]> [法人カード設定]> [詳細]> [取引タイプフィルターマッピング]に移動します。
  3. 個別のフィルタでマッピングを作成するには、[ 作成]をクリックします。

方法

Description

法人カードのインテグレーション名 カテゴリーがマップする法人カード統合を選択します。

カードタイプ

Amex、MasterCard、またはVISAを選択

取引タイプ

選択したカードタイプに応じて、取引タイプの選択が表示されます。 

フィルター

無視を選択

一括でフィルタ情報をアップロードするには、参照のは、一括アップロードの詳細についてはCoupaテーブルの管理。 

 

  • この記事は役に立ちましたか?