メインコンテンツまでスキップ

 

 

Coupa Japanese

SAPからCoupaへのユーザー/承認者

このページは機械翻訳を使用して翻訳されています。


Coupa標準フラットファイル形式またはユーザーの作成と維持のためのRESTベースのAPIを介して統合を完了することができます。Coupa内のユーザーアクティビティの範囲を考慮して、Coupa内のユーザー管理のための簡略化されたモデルがあります。つまり、以下の考慮事項は、ユーザーオブジェクトの統合作業に大きな影響を与える可能性があります:

  • 承認制限 -ユーザーがSAPと比較して承認制限を正確に反映するようにします。
  • 大規模な組織変更 -一般的ではありませんが、統合設計ではこれらを検討する必要があり、コスト/利益分析に基づいて範囲内または範囲外を検討する必要があります。
  • コンテンツセキュリティ -Coupaでは、カタログコンテンツへのアクセスを制御し、ビジネス要件に基づいて、異なるビジネスグループまたは事業単位でカタログコンテンツを分離できます。
  • G / L勘定コードのアクセスとセキュリティ -異なるユーザーが異なる勘定に請求できるようにするために必要な制御を提供するように請求コードの使用が設計されている場合、請求アカウントのセキュリティをユーザー統合に組み込む可能性があります。 。

SAMLまたは他の外部認証メカニズムを実装する場合は、シームレスなシングルサインオンを容易にするために、ユーザーレコードで必要なキー属性に対処することも必要になりますユーザーがSAP内のあるビジネスユニットから別のビジネスユニットに移動する場合、一般的に、潜在的な役割の変更とその変更に伴うコンテンツのセキュリティを考慮する必要があります。

以下は、上記の属性とともにユーザープロファイルデータをロードするために作成できる標準フラットファイルの例です。

サンプルユーザーデータファイル(CSVとして保存)

承認者の統合方法は、ビジネスルールの要件と複雑さによって異なります。コストセンターやプロジェクト承認者などの比較的単純なビジネスルールの場合、Coupaの検索値を使用して、個々の要素に承認者を簡単にマッピングできます(詳細については、会計データセクションを参照)。承認者は、以下のサンプルファイルのような形式で、各コストセンターまたはプロジェクト値とともに送信できます。

検索値承認者ファイルの例

より複雑なビジネスルールの場合、Coupaの承認チェーン機能を使用して、複雑な条件、金額制限、優先度、個人またはグループの承認者を定義できます。

これらの承認チェーンは、Coupaで直接維持するか、必要に応じてフラットファイル統合で維持できます。

承認チェーンファイルの例

ビジネス承認ルールの完全なセットをサポートするために、検索値承認者と複雑な承認チェーンの両方を持つことができることにも注意してください。

  • この記事は役に立ちましたか?