メインコンテンツまでスキップ

 

 

Coupa Japanese

SAPからCoupaへの会社コード、コストセンター、およびGL勘定コードの組み合わせ

このページは機械翻訳を使用して翻訳されています。


SAPと正しく統合するようにCoupaを設定する場合、通常Coupaの動的会計機能を使用する必要があります。関連するセグメントの数は、Coupaの標準アカウント文字列モデルで各アカウントを事前定義するには多すぎる組み合わせを作成する傾向があります。

ほとんどのSAP環境には、次の会計要素が含まれています。

  • 会社コード
  • 組織を購入
  • 購入グループ
  • 勘定割当カテゴリ
  • [区分4]のカスタムフィールド
  • ビジネスエリア
  • 総勘定元帳
  • 内部オーダー
  • WBS要素
  • 資産
  • 工場
  • 材料グループ

SAPの会社コードは発注書と請求書のヘッダーレベルにあるため、通常、Coupaでは会社ごとに個別の勘定科目表(COA)を定義します。SAPのいくつかの会計要素に使用できる値は、選択した会社によって決定されるため、会社ごとに個別のCOAを設定すると、Coupaのデータ構造を簡素化し、エンドユーザーに適切なレベルのフィルタリングを提供できます。このモデルは、大規模な組織でSAPの複数のインスタンスと統合するときに、適切なレベルの柔軟性とセグメンテーションも提供します。会社コードは、SAPの特定の購入組織に属することもできます。通常、勘定科目表は会社コードレベルで定義するため、通常、Coupaでは購入組織を指定しません。必要に応じて、ルックアップ値にカスタムフィールドを追加して、各会社コードに関連付けられた購入組織を定義できます。購入グループは、ユーザーが入力したフィールドとしての申請書のカスタムフィールドとして追加するか、サプライヤープロファイルのカスタムフィールドとして値を追加して各サプライヤーにマップすることができます。

各組織の要件に応じて、植物にはいくつかのオプションがあります。申請書で選択した発送先住所として各工場を設定できます。または、植物を会社コードでフィルタリングする必要がある場合は、各会社コードを特定の植物にマッピングするか、その植物を会計セグメントとして追加して、各会社に適切な値をフィルタリングすることができます。

材料グループはCoupaでは商品と同義なので、これらの値は通常Coupaではそのように定義されます。多くの組織では、材料グループは利用可能な総勘定元帳の値も駆動するので、各商品コードを単一の総勘定元帳アカウントにマップするか、または材料グループを会計セグメントとして追加して、ユーザーごとにフィルタリングされた総勘定元帳アカウントのリストを提供できます。材料グループ。

選択した勘定科目カテゴリーによって、入力が必要な会計フィールドが決まります。Coupaのアカウント検証ルールを使用して同様の機能を強制できます。これにより、特定のフィールドが各アカウントカテゴリに入力されないようにすることができます。

統合は、Coupa Standard Flat File形式で行うのが最も一般的です。以下は、会計構造をCoupaにロードするために作成できる標準フラットファイルの例です(データをフィルタリングするための階層構造に注意)。

会計データファイルのサンプル

データの比較的静的な性質(会社コード、勘定科目カテゴリ、商品など)のため、Coupaではこれらの要素の一部を手動で管理するのが一般的です。この構造では、各ビジネスオブジェクトを個別にロードして、一部を手動で保守し、他を統合することができます。

  • この記事は役に立ちましたか?