メインコンテンツまでスキップ

 

 

Coupa Japanese

NetSuite統合プレイブック

このページは機械翻訳を使用して翻訳されています。


最新のNetsuiteバンドルバージョン:4.1.2

すべての修正および機能を入手するには、最新のバンドルにアップグレードしてください。

 

この記事では、CoupaとNetSuiteの統合について説明します。

  • P2Pデータフローと統合ポイント

  • 統合方法

  • Netsuiteバンドルスクリプト

    • マスターデータ

      • CoupaサプライヤーへのNetSuiteベンダー

      • NetSuiteの子会社/部署/クラス/ GL勘定/ロケーションからCoupa勘定

      • Coupa SIMからNetSuiteベンダーへ

      • NetsuiteからCoupaへの為替レート

    • 取引データ

      • Coupa承認(支払可)の請求書をNetSuiteベンダー請求書に

      • CoupaへのNetSuiteベンダー請求書支払

 

  • CoupaバーチャルカードによるNetsuiteへの請求(クレジットカード取引)-(CoupaPay-PO支払の場合)

  • NetSuiteの請求書支払へのCoupaのインボイス支払-(Coupa Payの場合-インボイス支払)

 

  • Coupa承認(支払可)経費レポートをNetSuite経費レポートに

  • Coupa経費レポートの支払からNetsuite経費の支払

 

  • CoupaがNetSuiteベンダー請求書に承認した(支払可)経費レポート

 

  • データマッピング

  • Netsuiteバンドルダッシュボード

  • 統合および構成ガイド

  • リリースノート

 

 

P2Pデータフローと統合ポイント

integrate.coupa.comのこのセクションは、NetSuiteを使用するクライアントがNetSuiteと統合する際のベストプラクティスと考慮事項を理解するのに役立ちます。下の図は、NetSuiteとCoupaの間の最も一般的な統合ポイントを示しています。通常、マスターデータ-サプライヤー、アカウントセグメント、取引データ-請求書支払はNetSuiteからCoupaに送られ、取引データ-承認済み請求書はCoupaからNetSuiteに送られます。

Coupa Payを使用しているお客様は、クレジットカード取引としてCoupaからNetsuiteへのPO支払のバーチャルカード料金、およびベンダー請求書支払としてCoupaからNetsuiteへのCoupa請求書支払を受け取ることができます。 (図の赤で強調表示)

clipboard_e5f59c6dbd47fa147c9cb109011bace38.png

統合方法

Coupaは、Coupa REST APIおよびNetSuiteのSuitescriptを使用して、NetSuiteとシームレスに統合します。

Coupaは、RESTful APIを介してデータを読み取り、編集、または統合するための豊富で強力なアクセスを提供します。このUTF-8 XMLベースのインターフェースでは、HTTP要求呼び出しを行うことで、Coupa内の個々のレコードを作成、更新、および操作できます。

移植性と開発者の迅速な生産性を保証する業界標準のJavaScriptに基づいて構築されたSuiteScriptは、NetSuite全体でフル機能のアプリケーションレベルのスクリプト機能を有効にします。Suitescriptは、ユーザーイベントベースのスクリプトやスケジュールされたスクリプトを含む、カスタマイズのニーズをサポートする柔軟なスクリプトモデルの完全なセットを提供します。

Coupa NetSuiteインテグレーションは、NetSuite SuiteCloudプラットフォームのアーキテクチャ、開発、プライバシー、およびセキュリティに関する文書化された慣行に適合し、準拠するように構築されており、「BUILT FOR NETSUITE」プログラムによって認定および承認されています。

Netsuiteバンドルスクリプト:

CoupaサプライヤーへのNetSuiteベンダー

この統合により、NetSuiteとCoupaの間でベンダーレコードが同期されます。NetSuiteはベンダーマスターであり、レコードはNetSuiteからCoupaに流れます。ユーザーイベントスイートスクリプトを使用して「作成」および「更新」イベントをキャプチャし、イベントタイプに基づいてCoupaで新しいサプライヤーが作成されるか、Coupaで既存のサプライヤーが更新されます。NetSuiteユーザーイベントがキャプチャされるとすぐにサプライヤーレコードを作成/更新するためのCoupa APIコールが呼び出されるため、この統合はリアルタイムです。nlapiLoadRecord( 'vendor'、recordid)関数はNetSuiteベンダーレコードを読み取るために使用され、nlapiRequestURL関数はCoupaでサプライヤーレコードを作成/更新するためにHTTP POST / PUTを実行するために使用されます。

NetSuiteの子会社/部署/クラス/ GL勘定/ロケーションからCoupa勘定

この統合により、NetSuiteとCoupaの間でアカウントコードセグメントが同期されます。NetSuiteは、個別の会計セグメントのマスターです。Coupa COAは、NetSuiteの個々のオブジェクト(子会社/部門/クラス/ GLアカウント)にマッピングされた各セグメントを持つ複数のアカウントセグメントを持つように設定できます。子会社ごとに1つのCoupa COAが作成され、動的会計機能を活用する必要があります。ユーザーイベントスイートスクリプトを使用して「作成」および「更新」イベントをキャプチャし、イベントタイプに基づいて、新しいアカウントセグメントが作成されるか、Coupaの既存のアカウントセグメントが更新されます。nlapiLoadRecord( 'subsidiary / account / classification / department / location'、recordid)関数を使用してNetSuiteレコードを読み取り、nlapiRequestURL関数を使用してCoupaでアカウントの組み合わせを作成/更新するHTTP POST / PUTを実行します。

Coupa SIMからNetSuiteベンダーへ

この統合はCoupa SIMレコードを取得し、それを使用してNetSuiteでベンダーを作成または更新します。Coupa SIMにより、ユーザーはCoupaの使いやすいUIを使用してサプライヤー情報をより適切に管理できます。ERPをサプライヤーデータの真の情報源として維持しながら、追加のサプライヤー情報をCoupaで直接リクエストできます。この統合は、スケジュールされた組曲です。約1時間ごと(設定によって異なります)、統合は承認され、エクスポートされていないすべてのCoupa内のSIMレコードを探します。次に、各SIMレコードを1つずつ処理し、対応するベンダーをNetSuiteで作成または更新します。SIM統合の一部として、次のサブレコードがNetSuiteに渡されます:代表連絡先、住所、および銀行支払レコード。 

Coupa承認(支払可)の請求書をNetSuiteベンダー請求書に

この統合により、承認されたインボイスがCoupaからNetSuiteにもたらされます。統合は、NetSuiteのSuiteCloudプラットフォームで、スケジュールされたSuitescriptとして実行されます。スケジュールされた各実行中に、統合スクリプトは承認されたがエクスポートされていない請求書についてCoupaにクエリを送信し(HTTP GET)、NetSuiteにベンダー請求書を作成します。NetSuiteでインボイスが正常に作成されると、Coupaでエクスポート済みとしてマークされます。nlapiRequestURL関数はCoupaのクエリに使用され、nlapiCreateRecord( 'vendorbill')関数はNetSuiteでベンダー請求書を作成するために使用されます。Coupaの各請求書品目に対して、経費品目がNetSuiteベンダー請求書に作成されます。すべてのデータ変換はスクリプト内で作成されます

CoupaへのNetSuiteベンダー請求書支払

この統合により、ベンダーの請求書支払がNetSuiteで行われると、Coupaでのインボイスの支払ステータスが更新されます。統合は、NetSuiteのSuiteCloudプラットフォームで、スケジュールされたSuitescriptとして実行されます。スケジュールされた各実行中に、統合スクリプトは、NetSuite検索機能を使用してベンダー請求書の支払いについてNetSuiteに問い合わせ、Coupaインボイスの支払ステータスを更新します。nlapiSearchRecord( 'vendorpayment'、null、filters)関数はNetSuiteでベンダー請求書の支払を検索するために使用され、nlapiRequestURL関数はCoupaのインボイスレコードに対してHTTP PUTを実行してインボイスの支払ステータスを更新するために使用されます。

Coupa承認(支払可)経費レポートからNetSuite経費レポート

この統合により、CoupaからNetSuiteに承認済み経費レポートがもたらされます。この統合は、NetSuiteのSuiteCloudプラットフォームでスケジュールされたSuitescriptとして実行されます。スケジュールされた各実行中に、統合スクリプトは承認されたがエクスポートされていない経費レポートをCoupaに問い合わせ(HTTP GET)、NetSuiteで経費レポートを作成します。経費レポートがNetSuiteで正常に作成されると、Coupaでエクスポート済みとしてマークされます。経費レポートでは、Coupaの経費ユーザーをNetSuiteで従業員として設定し、経費カテゴリを1対1で一致させる必要があります。nlapiRequestURL関数はCoupaのクエリに使用され、nlapiCreateRecord( 'expensereport')関数はNetSuiteでベンダー請求書を作成するために使用されます。Coupaの各経費品目について、経費品目がNetSuite経費レポートに作成されます。すべてのデータ変換はスクリプト内で作成されます。

CoupaがNetSuiteベンダー請求書に承認した(支払可)経費レポート

この統合により、Coupaから承認された経費レポートがベンダー請求書としてNetSuiteに取り込まれます。この統合は、クライアントがNetSuiteの従業員の子会社の「機能通貨」以外の通貨で従業員に支払をしたい場合に便利です。それは予定された組曲です。このソリューションを使用するには、Coupa経費ユーザーがNetSuiteでベンダーとして設定されていることを確認する必要があります。統合は、必要に応じて、クレジットカード統合から作成された経費レポートをスキップできます。 

CoupaバーチャルカードがNetsuiteクレジットカード取引(Coupa Pay)に請求

この統合により、PO支払のバーチャルチャージがクレジットカード取引としてNetsuiteにもたらされます。この統合は、NetSuiteのSuiteCloudプラットフォームでスケジュールされたSuitescriptとして実行されます。スケジュールされた各実行中に、統合スクリプトは、PO支払に関連するすべての新規請求についてCoupaに照会(HTTP GET)し、NetSuiteでクレジットカード取引を作成します。Coupaでの請求ごとに、NetSuiteでクレジットカード取引が作成されます。すべてのデータ変換はスクリプト内で作成されます

Netsuiteベンダー請求書支払へのCoupaのインボイス支払(Coupa Pay)

この統合により、Coupa Invoice Paymentsはベンダー請求書支払としてNetsuiteに送られます。この統合は、NetSuiteのSuiteCloudプラットフォームでスケジュールされたSuitescriptとして実行されます。スケジュールされた各実行中に、統合スクリプトは新しいインボイス支払を照会(HTTP GET)Coupaし、NetSuiteでベンダー請求支払を作成します。このスクリプトを使用する場合、Coupa承認済み請求書(OkToPay)の請求書スクリプト "Coupa Pay Enabled"パラメーターをtrueに設定して、Coupaから支払われた請求書がNetsuiteで "保留された支払"としてマークされるようにする必要があります。すべてのデータ変換はスクリプト内で作成されます。

Coupa経費レポートの支払(ER2VB支払)からNetsuiteベンダー請求書支払(Coupa Pay)

この統合スクリプトは、Coupa経費レポート(ER2VB)支払をベンダー請求支払としてNetsuiteに送信します。この統合は、NetSuiteのSuiteCloudプラットフォームでスケジュールされたSuitescriptとして実行されます。スケジュールされた各実行中に、統合スクリプトは完了した経費精算書についてCoupaに問い合わせ(HTTP GET)、NetSuiteでベンダー請求書支払を作成します。このスクリプトを使用する場合は、Coupa ER2VBスクリプトの「Coupa Pay Enabled」パラメーターをtrueに設定して、ベンダー請求書(Coupa経費レポート用に作成)がNetsuiteで「保留支払」とマークされ、二重支払が回避されるようにします。すべてのデータ変換はスクリプト内で作成されます。

Coupa経費レポート支払(ER2ER支払)からNetsuite経費支払(Coupa Pay)へ

この統合スクリプトは、Coupa経費レポート(ER2ER)支払を経費支払としてNetsuiteに送信します。この統合は、NetSuiteのSuiteCloudプラットフォームでスケジュールされたSuitescriptとして実行されます。スケジュールされた各実行中に、統合スクリプトは完了した経費精算書についてCoupaに問い合わせ(HTTP GET)、NetSuiteで経費支払を作成します。このスクリプトを使用する場合、Coupaから支払われた経費レポートがNetsuiteで支払われないように、Coupaから支払われた経費レポートが未承認とマークされるように、Coupa ER2ERスクリプトの「Coupa Pay Enabled」パラメーターをtrueに設定する必要があります。すべてのデータ変換はスクリプト内で作成されます。

データマッピング

Netsuiteバンドルダッシュボード

Coupa Netsuite Bundle 4.0.2以降、NetSuite管理者はCoupa CenterタブがNetSuiteアカウントに追加されたことを確認できます。 

Netsuiteバンドルダッシュボードは、

  • すべてのCoupa Netsuiteバンドルスクリプトヘルスの集中管理されたビュー。管理者は、各スクリプトのデプロイメントおよび実行ログにアクセスすることなく、エラーおよび警告を一か所で監視できます。
  • CoupaがNetsuiteバンドルに関連する取引を監視するためのレポートを作成しました。

Coupa NetSuiteダッシュボードユーザーガイドv1.0.0.pdf

clipboard_eda88174dfce85bac17a873bf68b5bc6d.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

統合およびインストール/アップグレード/設定ガイド

NetSuite統合ドキュメントv4.1.8.pdf(最新のドキュメントバージョン4.1.8、2020年11月19日公開)

リリースノート

NetSuite+ Bundle + Release + Notes_4.1.2.pdf(最新のNetsuiteバンドルリリース4.1.2、2020年11月19日公開)

 

リリース計画2021

clipboard_e6536c85359600764b8bb0feb7bb4f018.png

 

 

  • この記事は役に立ちましたか?