メインコンテンツまでスキップ

 

 

Coupa Japanese

航空宇宙の世界的リーダー

このページは機械翻訳を使用して翻訳されています。


一般情報

このケーススタディは、2017年第2四半期に中央およびアメリカの部門にCoupa P2P、OBN(インボイス)、分析および契約ライフサイクル管理を実装したヨーロッパの180の大規模航空宇宙会社について、その後の工場で残りの部門に展開する次の3〜4四半期。最初のロールアウトには3,000のユーザーが含まれ、すべての部門が稼働すると、その数は30,000に増加します。最初のフェーズは4つの段階で展開されました。

1.区分 'A'(機密保護のためにマスクされています)

  • 1月稼働
  • 統合されていない限定P2Pロールアウト
  • 18ユーザー
  • 81社
  • 第1四半期の支出は$ 747,000

2. CTO組織は、CLMをR&T部門に展開しました

  • 4月の稼働

3.米国での展開

  • 稼働可能
  • 193ユーザー
  • 738サプライヤー
  • 最初の月に79%がカタログ経由で支出
  • 最初の月に35万ドルの支出

4.ヨーロッパ中央部のロールアウト

  • 6月稼働
  • 2388ユーザー
  • 3999社のサプライヤー
  • 187カタログ
  • パンチアウト2回

成功目標

一般情報

実施スケジュール

  • サプライヤー情報管理(SIM)、サービス管理、MRPなどの新しいモジュール/トピックが今後6か月で導入されます。
  • フランスとドイツは2017年10月に営業開始
  • スペインとイギリスは2018年3月に稼働
  • インドと中国での同時展開

インテグレーション情報

SAPとの統合

 

 

  • この記事は役に立ちましたか?