メインコンテンツまでスキップ

 

 

Coupa Japanese

電気通信およびネットワーク会社

このページは機械翻訳を使用して翻訳されています。


Enterasys Networksは、有線および無線のネットワークインフラストラクチャおよびセキュリティソリューションの世界的な大手プロバイダーです。彼らはレガシーの購入アプリケーションを置き換えることを検討しており、購入プロセスの効率を上げるためにCoupaを採用することを決定しました。同社は、クラウドベースのソリューションの大きな支持者であり、それがCoupaに惹かれた要因の1つでした。

Enterasysは、ソリューションをできるだけ早く使用するために2段階でCoupaを実装し、第2段階ではSAPとの統合を残すことにしました。Enterasysチームは、実装の開始から3か月以内にCoupaを構成し、1000ユーザーのユーザーベースにグローバルに展開することができました。これには、現在、CoupaがPOフロー、承認、支出の申請に正常に使用されている冬の休日が含まれています。レポート、およびベンチマーク。

顧客を引き付けた主な機能:

  • コストセンターと商品に基づく自動承認
  • セルフサービスレポート
  • 地域全体の金融パートナーのレポートを支出する
  • Oktaで実装されたシングルサインオン(SAML)
  • SAPとの統合のための堅牢なAPI
  • カスタマイズ可能なプラットフォーム

一般情報

  • 1000ユーザーライセンス
  • 米国、カナダ、アイルランド、南米、EMEA、APAC地域でグローバルに展開
  • 1200以上のGLアカウント
  • 2,600以上のサプライヤー
  • グローバルロケーション全体で承認を自動化する160の承認チェーンルール
  • 財務パートナーをそれぞれのコストセンターに対するレポートに制限するアカウントセキュリティグループ

実施スケジュール

  • 契約開始日:92日
  • 実施開始から完了まで86日
  • これには、完全なグローバルユーザーロールアウトが含まれます

Enterasysは現在、第2フェーズとしてCoupa API経由で発注書をSAPに統合する作業を進めています。このフェーズでの追加の統合には、SAPのベンダーマスター、毎月の為替レートのロードの自動化、ユーザーのプロビジョニングとプロビジョニング解除の自動化が含まれます

添付ファイル

プロジェクト計画:これは、プロジェクトに対して実行するために使用されたプロジェクト計画です。クライアント固有の情報を削除するように修正されました。プロジェクト全体で、冬季休暇による遅延を含めて86日かかりました。

EnterasysCoupaProjectPlan.pdf

  • この記事は役に立ちましたか?