メインコンテンツまでスキップ

 

 

Coupa Japanese

中国の大手配車会社

このページは機械翻訳を使用して翻訳されています。


概要

このケーススタディは、中国でさまざまな輸送サービスを提供する世界最大の配車会社の1つについてです。 Coupaの実装前は、このプロバイダーでの購入プロセスとエクスペリエンスは非効率的で、ユーザーフレンドリーではないため、エンドユーザーが不満を述べていました。実装プロジェクトは2016年11月に開始され、 ユーザーエクスペリエンスを改善し、より効率的なプロセスを実現し、ユーザーに権限を与え、サプライヤーを有効にするために再設計および最適化されたP2Pプロセスにより、10週間後の2017年1月に稼働しました。

成功目標

合理化された購入から支払までのソリューションを実装する主な目的は、エンドユーザーのエクスペリエンスを向上させ、プロセスの効率を向上させることでした。

一般情報

 

構成メトリック

いいえ。アクティブユーザー:949

サプライヤー数:965

カタログアイテム:646

契約数:100

勘定科目のセキュリティーグループ

 

本番メトリック(公開から6か月後)

PO合計:8,000

PO支出:> 4億1500万米ドル

請求書合計:4,000

 

実施スケジュール

 

主要な実装機能

  • 中国のビジネス要件に合わせて100%構成
  • P2P Coupa実装プロジェクト全体の短いタイムライン(10週間で稼働)
  • 顧客内の6つの異なるシステムで構築された9つの統合
  • 2つのパンチアウトサプライヤーと600以上のカタログアイテムを有効にしました(JD.comはその1つです)
  • 中国語にローカライズされたインスタンス

 

 

インテグレーション情報

PeoplesoftおよびOracleとの統合

 

 
 
  • この記事は役に立ちましたか?