メインコンテンツまでスキップ

 

 

Coupa Japanese

グローバル資産資産管理会社

このページは機械翻訳を使用して翻訳されています。


概要

この顧客は、運用資産が2,000億ドルを超え、28,000人を超える営業従業員、20か国に100のオフィスを持つグローバルな代替資産マネージャーです。同社は、資産、再生可能エネルギー、インフラストラクチャー、プライベートエクイティに焦点を当てた資産の所有と運営の100年以上の歴史を持っています。同社は、公共および民間の投資商品やサービスを幅広く提供しており、ニューヨーク、トロント、ユーロネクスト証券取引所に上場しています。

オーストラリアでは、グループは約2,500人を雇用し、品質、革新性、および主要な商業プロジェクトの成功した納品で評価されています。顧客はクライアントと投資家に、商業オフィス、小売、住宅、建設、資産管理、インフラストラクチャにおける活動と完全に統合された資産機能の利点を提供します。

P2Pプロセスは会社の業務の中核であり、非常に複雑で、リスクと非効率性が伴います。取引量とデータの蓄積が増加する中、会社のオーストラリアの法人は、現在の手動プロセスと切断されたシステムで多くの課題に直面しました。これは会社の収益性、ポリシーコンプライアンス、運用効率に影響を与えます。オーストラリアのチームは、財務リスク管理を確立して効率を上げる会社の能力を強化する統合P2Pソリューションの重要性を認識しました。したがって、彼らはオーストラリアのローカルビジネスとその要件に焦点を当てたP2Pプロジェクトを進めることにしました。

 

正常メトリック

  • 非接触請求書(受領時に2/3の方法で一致)-60%
  • プロセスコンプライアンス-支出がコミットされる前にPOが引き上げられました(POで裏付けされた請求書)-80%
  • 請求書から支払サイクル-15日
  • 目標承認サイクル時間-24時間

投稿から90日以内のターゲットはすべて公開されます。

 

一般情報

  • 稼働中の150ユーザー
  • 10,000予算コード
  • 勘定科目検証ルール
  • 3,000以上のサプライヤー
  • 勘定科目表

実施スケジュール

P2P + SIM(サプライヤー情報管理)の導入プロジェクトが2016年7月に開始されました。主な目的は、ベンダー管理、購入申請書、発注書作成、入庫、請求書処理、支払処理、レポートおよび分析を含むエンドツーエンドのP2Pプロセスを管理する統合プラットフォームを実装することでした。このプロジェクトは、シドニーとメルボルンの2つのパイロットサイト、企業における2つのコストセンターと220社のベンダーと2017年3月 ライブを行いました。その後、システムはその後数か月以内にオーストラリア全土の残りのサイトに展開され、3000以上のサプライヤーとのオンボーディングが含まれます。

インテグレーション情報

  • Coupaと主要な金融システムであるMRI間のフラットファイル統合。
  • 1800BServe(テナント申請システム)とCoupaの間のAPI統合。
  • MRIからCoupaへの以下のビジネスオブジェクトの自動統合:
    • 支払(MRIからCoupa)
    • 申請書/作業注文(1800BServeからCoupa、API)
  • CoupaからMRIへの以下のビジネスオブジェクトの自動統合:
    • サプライヤー(SIM)(CoupaからMRIへ)
    • 見越し額(CoupaからMRIへ)
    • Ok to Pay(Coupa to MRI)

 

  • この記事は役に立ちましたか?